住民票や戸籍の附表の替わりに戸籍謄本は使用できませんか?

戸籍の附票 廃車

普通車の抹消手続きをする際に、車検証の住所と印鑑証明書の住所が一致していない場合は、住所の履歴を証明する必要があります。

転居が1回のみの場合は、住民票で証明できます。住民票には、現住所と旧住所が記載されているので車検証住所と印鑑証明書の住所までの履歴が確認できます。

転居が2回以上の場合は、住民票と戸籍の附表が必要です。戸籍の附票とは、戸籍の原本と一緒に保管している書類で、その戸籍が作られてから(またはその戸籍に入籍してから)現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の住所が記録されています。転居が複数回になった場合は、戸籍の附表で転居歴を証明します。

婚姻等で転籍している場合は、旧戸籍の除附票も必要になる場合があります。

「戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)で代用できないか」という質問がありますが、戸籍謄本では住所履歴の証明はできません。戸籍謄本は、身分を証明するための書類で居住地の管理はしていません。実際に居住していない住所で登録されていることも多くあります。偶然、現住所や車検証の住所が記載されていても、管理をしていない情報なので証明する書類にはなりません。

廃車の手続きに必要な書類の一覧を事例別に案内しています。

こんなときはこの書類。事例別必要書類一覧・廃車買取専門店(株)旭商会 (asahi-online.net)

2023年5月19日公開、2024年4月18日更新、三浦敏和作成

コメント