廃車したら車庫証明の手続きは必要?

廃車したら書庫証明はどうする 廃車
車庫証明

廃車したら車庫証明はどうするの?

車を廃車にするとき、車庫証明の手続きはどうすればいいのでしょうか?車庫証明とは、自動車の保管場所を警察に届け出ることで発行される証明書です。車を購入したり、住所を変更したりするときに必要になりますが、廃車にしたらどうなるのでしょうか?

実は、廃車にした場合、車庫証明の手続きは必要ありません。廃車にすると、自動車登録が抹消されるため、車庫証明も自動的に無効になります。ですから、わざわざ警察署に行って抹消手続きをする必要はありません。

ただし、廃車後に新たに別の車を購入する場合は、その車の保管場所を警察に届け出て、新しい車庫証明を取得する必要があります。その際は、廃車したことを証明する書類(一時抹消登録証明書や登録事項証明書など)が必要になることがあります。(代替車両として下記の届出をすることでも可)

新しい車と入れ替えは、『代替車両』の届出

廃車する予定の車を保管している状態で、次に購入する車の保管場所として車庫証明を申請する場合は、入れ替えである旨の届出をしなければなりません。
「保管場所の所在図・配置図」に『代替車両』という欄があります。そこに、現在乗っている車の情報を記載すれば大丈夫です。

代替車である旨伝えないと、複数台の車を駐車ができるスペースがあるケースでは、廃車する車の情報がそのまま残ってしまうことがあります。

このように、廃車したら車庫証明の手続きは必要ありませんが、新しい車を購入する場合は必要になります。

コメント