廃車買取の(株)旭商会・4月・5月に廃車したら、自動車税はどうなるの?

廃車買取専門店 株式会社旭商会

4月・5月に廃車した場合の自動車税について

     
4月に廃車済みなのに1年分の納付書が届きました、払わないとだめですか?
         
普通車を廃車(抹消登録)した場合
自動車税とは・・・毎年4月1日時点で車検証に記載されている所有者(使用者の場合もあります)に課税されます。
4月1日から翌年3月31日までの1年分を5月初旬に届く納付書で納税します。
4月1日以降に抹消登録するなど使用を中止しても、その年度の分の自動車税の納税義務を逃れることはできないが、抹消登録した翌月以降の未経過分は還付される制度がある。
5月初旬に届く1年分の納税通知書で納付済みの場合

抹消登録から2ヶ月程で還付の通知書が送られてきますので、指定された金融機関で還付金を受け取ってください。
未納付の場合(以下のいずれかの方法で納付して下さい)

@一旦全額納付をして、後日還付金を受け取る。

A最初の納付書はそのまま放置して、7月頃に届く2度目の納付書(督促状)で納付する。(納付額は月割りの経過分のみで、督促料は加算されていません)

B抹消手続きの完了が確認出来た時点で、自動車税事務所に連絡をして、納付書を発行してもらう。
軽自動車を廃車(抹消登録)した場合
軽自動車税とは・・・毎年4月1日時点で車検証に記載されている所有者(使用者の場合もあります)に課税されます。
4月1日から翌年3月31日までの1年分を5月初旬に届く納付書で納税します。年間課税のみであり、月割額はありません。
4月2日以降に抹消登録するなど使用を中止しても、その年度の分の軽自動車税の納税義務を逃れることはできない、廃車したら未経過月数分が返金される自動車税とは異なり、一度支払った軽自動車税は一切返金されません。