ホーム宇治田原町 →西出製茶場

         

株式会社 西出製茶場

        
 (株)旭商会 宇治田原町リンク

宇治茶専門店 西出製茶場が京都・宇治田原よりお届けします 

茶栽培へのこだわり

茶は同じ畑であっても毎年出来が異なります。気象条件・摘採時期・肥料の与え方など、1年を通して茶葉の生育に目を配ることが大切だといえます。わたしたちは生産農家の人たちとの交流や意見交換・もしくは生産履歴のチェックなどを通じて、より良いお茶作りを目指して行きます。

茶葉そのものへのこだわり

お茶は、摘みとられてた後すぐに製茶工場に運ばれ、『荒茶』と呼ばれる半製品になります。この荒茶こそがそのお茶の良し悪しを決める全ての基本となります。 お茶は茶畑での生葉の状態だけではまだ良い茶になるかどうかわかりません。生葉を蒸し、揉み上げてこそ初めてその茶の姿が見えてくるといえます。 私たちはこの荒茶を見定めることで、本当の良いお茶を見つけ出し、その特徴を生かした茶作りを極めるために日々努力を重ねています。

茶葉の秘めた力へのこだわり

荒茶となったお茶は精選加工の工程を経て、商品としてのお茶へと姿を変えていきます。荒茶を生かす、生かさないはこの精選で決まります。 いかに迅速に、又いかに最適な加工がなされるかが勝負といえます。ここでは経験と技術が必要とされます。

鮮度・品質管理へのこだわり


茶葉にとって温度・湿度の管理は本当に大切なものといえます。私たち業者にとって茶葉専門の冷蔵庫による保管は基本条件です。 茶によっては長期間保管をすることによってあくが抜け、熟味が増す場合がありますが、そのような場合でも適温適湿であるということが必要条件であって、 ただ時間だけが経過したお茶は単に痛んだお茶となるだけなのです。どんなに良いお茶であっても保管の良くない茶は品質が極端にさがります。 出来上がった最高の姿でお客様のもとへ届ける、ということ。これが大切なのです。

株式会社 西出製茶場

〒525-0032 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定時小字東奥谷59番
TEL 0774−88−2200
FAX 0774−88−5289
最新情報は西出製茶場様のホームページで確認してください (株)旭商会 宇治田原町ページに戻る